Jim7



 

-医療画像解析のためのベストツール。研究者、開発者から臨床まで世界中で幅広く使用されています。-

Jim7は医療画像解析ソフトウェアに必要なすべての機能を備えています。なじみ深いワードやプレゼンテーションツールと同様のインターフェースでWindows、Mac、Linux上ですぐに使えるクロスプラットフォーム・ソフトウェアです。そして、Java APIが無償で付属しているので、独自の研究のための機能の拡張、バッチ処理の作成等が容易に行えます。研究者、開発者向けに最適なツールです。

本ソフトウェアは研究用ソフトウェアです。医療及び研究用途にご使用になる場合、ユーザの責任の下でご利用ください。

 

主な機能と特徴

1.画像のインポートパワフルな画像インポート: DICOM、ACR-NEMA、GE、シーメンス、ブルカー、アジレント
標準フォーマットではない画像生データのインポート
2.DICOMストレージと送受信ネットワークから直接、画像を取得:DICOM query/retrieve、DICOM storage server
DICOM データの保存と保存結果のネットワークへの送信。患者情報の匿名化
3.可視化と画像の最適化DICOM、NIFTI、Analyze 7.5等、画像のリサンプリング、再配向、デモザイク、MPR 表示
動画表示、3-D 可視化
直交表示
イメージ・オーバーレイ
コスト関数を選択しての画像のレジストレーション
4.計測簡単で正確なアノテーション付きROI作成と編集、および、ROI 統計情報のエクスポート
信号強度ヒストグラム、ライン・プロファイル、複数画像のリンク表示
5.画像演算任意の関数を用いた画像演算、および、最小2乗法による画像フィッティング
最小2乗法による画像フィッティング
6.領域分割マスキングとあいまい領域の分割
脳と脊髄:脳体積と萎縮
7.フォローアップ経時的な局所脳病変の解析
8.ダイナミック画像の解析一般線形モデルを用いたfMRI解析
脳パフュージョンとDCE(dynamic contrastenhanced)Ktrans 解析
9.拡散画像の解析拡散テンソル画像とファイバー・トラッキング
10.心臓解析左室心筋のセグメンテーションと心臓解析
自動化された心臓と血管の輪郭曲線のプロパゲーション
11.プラグイン開発独自の時系列の解析などにはプラグイン作成で対応可能
容易なスクリプト・プログラムをコマンド・ラインから実行し自動化処理
完全なドキュメント付きJava A.P.I が無償で付属しているので、独自にJava プログラムを開発して画像処理機能を拡張
日本語マニュアルページを開く

このページのトップへ

対応システム

オペレーティングシステム:

Microsoft Windows XP/Server/Vista/Windows 7/Windows 8.
Linux.
Oracle Sunワークステーション Solaris 8 以降
Mac OS X 10.8 (Mountain Lion) 以降

Jim7は最新(3年以内)のJavaプラットフォーム上で動作します。

推奨ハード構成:

プロセッサー: 2 GHz以上
メモリ:最低 1 GB、 推奨 4 GB、大きなサイズの3-D表示には 8 GB以上を推奨
グラフィック:24bitフルカラー、3-D表示には3-Dグラフィックカード(nVIDIA Video Adapter等)

このページのトップへ

価格

お問い合わせください

このページのトップへ