BioBox

 

BioBox

機能詳細

BioBox Release Version1.2.b

BioBox Release Version1.2.b

操作性

BioBoxは基本的にマウスのみで操作できるように設計されています。また,立体構造の操作方法はご使用の環境に合わせて編集できます。初期設定ファイルの編集により各機能の柔軟なカスタマイズも可能です。

モデリング

BioBoxではDNA,RNA,タンパク質の立体構造をモデリングすることができます。構造の配列情報を入力するだけで自動的に立体構造が生成される モデリングシミュレーションシステムを搭載しています。

プレゼンテーション

BioBoxはプレゼンテーションにもその性能を発揮します。視点の記録や呼出,複数のアングルからの立体構造表示などの機能があります。また、BioBox独自のフォーマットで立体構造を保存することで、起動と同時に表示したい画面を呼び出すといった使い方ができます。

その他

他 にもBioBoxは立体構造計算に用いられる拘束条件情報を読み込み、画面上に表示して違反情報を解析することや、原子間の距離,角度の測定などができま す。参考プログラム:Discover(.rstrnt), Explore(.tbl), Dynamo(.tab)

このページのトップへ

動作環境

OS Windows95/98/Me/2000/XP
CPU PentiumII 200MHz以上推奨
メモリ 32MB以上推奨
解像度 256色、640×480ピクセル以上の解像度

このページのトップへ

価格

一般向け お問い合わせください
アカデミック向け お問い合わせください

このページのトップへ

ダウンロード

機能制限 全ての機能をご利用いただくにはライセンスのご購入が必要となります.
ダウンロード BioBox Release Version 1.2b DLはこちら(ZIPファイル)

このページのトップへ

お問い合せ

Studiowr 開発・担当 冨士原 和也(Studio W/R)

E-mail : studiowr@las.jp

このページのトップ